MEDIA

  • 2021.03.05

    SEOとは?誰でも分かる本当の意味と対策

    SEOとは?

     

    ホームページをリニューアルや修正をする際に、どこのWEB制作会社もこぞって「SEO対策」という言葉を使ってきます。

    「SEO対策」はもはやWEB制作において当たり前であり、「対策できます!」と言わないと集客できないと言っても過言ではありません。

     

    しかしながら、SEO対策の本質を理解していないWEB制作会社やフリーランスはまだまだ多いのが現状です。

    依頼する側もきちんとSEOに対して知見がないと損をしてしまいますので、把握しておくべきでしょう。

    この記事ではSEOの意味と基本知識について簡単に紹介していきます。

     

    SEOとは?どういう意味?

     

    SEOの言葉の意味

     

    SEOは Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の略称になります。

    日本語訳にすると「検索エンジン最適化」のことを指し、検索順位を上げるための手段とも言われます。

     

    SEOが設けられた背景

     

    SEO「検索エンジン最適化」はGoogleやYahoo!などの検索結果で有用なページを上位に表示させる仕組みを指します。

    まず、何故この仕組があるのかを理解する必要があります。

    この仕組ついてはGoogleやYahoo!などの検索エンジンを運営する側に立って考えると理解を深めることができます。

     

    GoogleやYahoo!にとっては検索エンジン(物事を調べるプログラム)を利用するユーザーが多いほど

    利益拡大につながるので、常にユーザーにとって有益になるようアップデートを繰り返しています。

    (単純に自社サービスを利用してくれるユーザー数を増やしたい!維持したい!と思えばOK)

     

    そこで、ユーザーに対して

    チェック

    • 使いやすいと思ってもらう
    • この検索結果は信頼できる
    • この検索エンジンを利用価値がある。

     

    と体験してもらうために、

    それぞれのWEBページの評価基準を設けてユーザーにとって有用なページを上位に表示させなければならない。

    という背景があります。

     

    単純に『ユーザーが求める有益な情報がすぐに出てくるよ!』

    という状態にしたいのがGoogleやYahoo!の本質になります。

     

    SEO対策の本質

     

    背景を理解するとSEO対策の本質を見極めることができます。

    つまるところ、SEO対策の根本は

     

    ユーザーにとって有益な情報を届ける

     

    が本質になります。

    ここを抑えてホームページの作成、WEBページの追加、記事の執筆や更新を繰り返すことで

    評価が高まり、結果として検索順位の上位にランクインできるということにつながるのです。

     

    ユーザーにとって有益な情報を届けるという点をクリアすれば

    BtoBのサイトであっても検索流入を高めることが十分に狙えます。

     

    TIPS

    • ここでのユーザーとは検索エンジンを利用する全ての人、組織を指します

     

    SEO対策で求められるもの

     

    情報量(ページ数も含む)

     

    まずは情報量です。

    製品やサービスを多くの人に知ってほしいなら、簡素なページでは伝わりません。

     

    考察ポイント

    • どういったことで使われている事例があるのか?
    • どのような人に利点があるのか?

     

    困っている人の立場に立って考え、そのアンサーとなるページが好まれます。

    自身が調べる立場になって考えてみて下さい。

     

    〇〇 仕方

    〇〇 対策

     

    といった困ったことをそのまま調べることがほとんどですよね。

    みんな困ってるから調べるのです。困っている事柄に対するアンサー記事を書けばおのずと情報量は多くなります。

    間違った情報や関係のない情報を掲載すれば、当たり前ですがユーザー支持が下がり評価も下がります。

    ※ただし、情報量が長すぎると読む気を失くすので、情報の分断化は必要です。

     

    情報の質

     

    先述した情報量とセットで重要な要素になります。

    質とは「ユーザーが読んで理解しやすいページであるか」を指します。

     

    例えば、図式や写真がないと分かりづらい場面は多々あるかと思いますが、

    そういった説明部分が文章だけであったり、改行が全然されていない など読みづらいと思われてしまう記事は

    情報の質が低いと判断される場合があります。

     

    その他にはタイトルと異なる情報が途中から入ったり、話が脱線したりしてしまうと

    情報が分散化しているが故にユーザーにとって有益でないと判断されることもあります。

     

    ※判断のされ方や判断目安については別記事で紹介します。

     

    情報の新鮮さ

     

    情報が常に最新かどうかも重要な要素になります。

    たとえ、良い記事を書いたとしても1年、2年前だったらユーザーとしては信憑性に欠けてしまいます。

     

    コーポレートサイトのTOPページで言えば、新着情報が去年で止まっていたり数年前で止まっていたりすると

    企業イメージとしてはあまり良くない印象を与えてしまいます。

     

    昨今はコロナ渦で情報が入れ替わる事が多いため、いつが最終更新日か?は重要になります。

     

    まとめ

     

    スターキッドで行うSEO対策は?

     

    今回はSEOとは?という内容で簡単に紹介させていただきました。

    基本を知っておくと知らないのとでは、制作も運用も雲泥の差です。

     

    スターキッドではSEO対策をしっかり行える環境をご用意するために

    目的、ターゲット、手段をしっかり定めた上で作成しますので、ご安心してご依頼頂ければと思います。

     

    ただし、作成後の運用(継続的なSEO対策)については

    制作費とは別に継続保守(SEO対策)が発生しますので予めご了承下さい。

     

     

    【SEO関連記事】

    ▶毎日のSEO対策は何をすべき?大事な下準備と日々のチェックについて

    ▶【SEO対策初級】インデックス登録を早めて検索順位を上げよう