MEDIA

  • 2021.07.30

    ECサイト(ネットショップ)制作に必要な準備や気を付ける点

    ECサイト制作

     

    コロナ渦になったことで多くの企業が実店舗と並行してネットで商品・サービスを販売するのが当たり前になってきています。
    また、昨今では実店舗を構えずにECサイト(ネットショップ)とコーポレートサイトだけで運営する会社も多く、来店型が当たり前ではなくなっています。
    BASEやStoresといった無料ASPカートも登場し、誰でも手軽にECサイト(ネットショップ)を持てるようになりましたが、実際にネットショップを制作する際、何を準備し、何に注意しなければならないのか?といったことをご存知でしょうか
    これからネットショップを立ち上げたい方や初めてネットショップを作る、運営に携わる方のために、知っておきたいポイントを紹介していきます。

     

    ECサイトを作る前に確認すべきこと

    ネットショップのターゲットやコンセプトを確立させる

     

    ホームページ制作とどうようにECサイト(ネットショップ)を制作する前に
    「どんなサイトにしたいのか?」
    「どんな人に売りたいのか?」
    「どんな人に購入して欲しいのか?」
    といったことを洗い出さなくてはいけません。

     

    どんな人に向けて?が重要

    「どんな人」というのはターゲットの年齢層や性別、職業、収入等の属性を指します。
    このターゲット像を明確にしないとデザイン制作時にブレが生じてしまい、「思ってたのと違う」「商材と合わない」というような現象が起きてします。

     

    また、ターゲットに合わせたデザイン制作を行わないとユーザーの購入意欲にも影響が生じます。
    例えば高級時計を販売しているのにポップなデザインでチープに見えるECサイトを作っていたら「ここで買って大丈夫?本物?」と疑問を抱かれる可能性だってあります。

     

    売上目標やサイト流入を再確認する

     

    どんなターゲットに商材を売っていくのかが決まったら、毎月の売り上げから年間売上目標や見込み、来客数などの規模はどのくらい目指すべきか予想を立てるべきです。
    ECサイトを立ち上げて失敗する人は「作ればたくさんの人に見てもらえ、そして売れる!」と考えなしに思ったまま突き進む方です。

     

    ECサイトを立ち上げてすぐ売れる根拠はどこにあるのでしょうか?
    この問いに対し、現在の構えているコーポレートサイトの検索流入が多い、ネットショップで買いたい要望が既にあるなどの流入源が明確な回答ができれば、ECサイトを立ち上げてハズレる可能性は低いでしょう。
    しかし、ECサイトへの呼び込み方や流入源が不明瞭な場合は現状分析が足りません。
    準備不足だなと感じる場合は、まずは予備段階としてサイト分析をご依頼することをおすすめします。

     

    制作費や運営にかかるコストを理解する

     

    知らない方が多いのですが、コーポレートサイトで使用するサーバーとECサイト(ネットショップ)のサーバーは別で用意する必要がある場合がほとんとです。
    というのもECサイトで使用するASPカート機能は専用のサーバーがないと利用できない事がほとんどだからです。

     

    中にはウェルカートやECキューブといった通常のサーバーを利用して制作することもできますが、ASPカートをゼロから作り上げるので制作費用がハイコストです。
    その場合は数十万円では作ることが出来ない事はご承知おきください。

     

    BASEやSTORESなら無料

     

    BASEやSRORESなら無料でカート機能を使うことが出来ます。
    ただし、独自ドメインでのサイト立ち上げや様々な機能を使う場合は機能解除として月学費を要件に応じて払わなくてはいけません。
    また、商材の売上額が高いほど取引手数料が高くなるのもデメリットの一つ。

     

    カラーミーなら月額3000円

     

    GEMペパボ株式会社が提供するASPカートは月額3000円から使用することが可能です。
    利用率が高くBASEなどよりもデザイン性などのカスタマイズに優れています。
    本格的なネットショップを運営するならカラーミーからのスタートがおすすめです。

     

    決済代行会社との契約も必要

     

    ECサイトを制作するにはASPカートが使えるサーバー(カラーミーやメイクショップ)が必要である。
    と、先述しましたが、それに加えて決済代行会社への契約も必要となります。

     

    決済代行会社とは?

     

    決済代行会社とはクレジットカード支払いやコンビニ支払いなど、お客様でお支払いできる選択肢を増やすために必要となります。
    ASPカートだけでは銀行振込のご案内までしかできません。
    クレジットカード決済ができるかできないかは購入意欲にも大きく影響してきますので、ECサイト制作=決済代行会社の契約も必要と思っておきましょう。
    スターキッドではGMOペパボ株式会社の提供するカラーミー、メイクショップでの制作が多いため、同系列のイプシロンを推奨しております。

     

    ECサイト制作にかける予算とやりたい事を決めておく

     

    無鉄砲に作りたいといっても作れるものではありません。
    ご担当者様が思い描くECサイトはどんなものでしょうか?
    もし、「ご予算が30万円で一部はオールフリーで購入でき、一部商品は会員限定にしたい」
    「デザインにもこだわって良いサイトが作りたい」
    というようなものであれば30万円で作成することは不可能です。

     

    例えば弊社であれば無料ASP利用の制作代行で20~30万円までのレンジで対応。
    また、独自デザイン、フリーページの作成を考慮をして有料ASPカートでのECサイト制作の場合60万以上は必要になり、クオリティも重視するなら80万以上になります。

     

    一部定められた人しか買えないように作りこむなど機能面でのオリジナル性を求める場合は150万以上かかるケースが多いです。
    以上のようにご予算は多めに設定し、思いのほか費用が増えなかったらラッキー程度に思うのが良いかもしれません。

     

    ECサイトの運営担当を決めておく

     

    作って放置するくらいなら作らない方がお客様のためになります。
    ECサイト(ネットショップ)は商品の登録や入れ替え作業が本当にめんどくさいです。
    しっかり社内の誰がやるのか?を確立してから制作をスタートさせましょう。

     

    ECサイト(ネットショップ)の立ち上げ確認事項まとめ

     

    確認すべき事項

    • ECサイトのコンセプトを決める
    • 販売するターゲットを再確認する
    • ECサイトで必要な機能を確認する
    • ECサイト制作の予算を決めておく
    • ECサイトのランニングコストを把握する
    • ECサイトからの売上目標を確認する
    • ECサイトのアクセス流入を確認する
    • 運用担当者を決めて置く
    • ユーザーの決済方法を決めて置く
    • 制作期間や納期を決めて置く

     

    いかがだったでしょうか。
    やはり実店舗を持たない分立ち上げコストはかからない場合がありますが、しっかり準備をしておかないと損害にしか繋がらないのがECサイトの怖いところ。
    スターキッドではECサイト(ネットショップ)を作りたいけど、分からないことが多すぎるお客様のお悩みをご相談ベースからお受けしております。
    是非、貴社の商材の事、どのように売りたいのかなどご相談ください!