MEDIA

  • 2021.03.17

    ホームページにSearchConsole(サーチコンソール)は”ほぼ必須”な件

    サーチコンソールの解説

     

    SEO対策を行っている全ての方が確実に使っている必須ツール「SearchConsole」。

    実はこのSearch ConsoleはSEO対策をしている有無に関係なく、サイトを持っている人なら導入しておいた方が良い大事なものです。

    うちの会社「GoogleAnalyticsは入れていたと思うけど…SearchConsole?」って思う方は是非確認してみて下さい。

    この記事ではSearchConsoleについて簡単に紹介していきます。

     

    Search Consoleとは?

     

    検索結果に表示させるためのツール

     

    SearchConsoleはサーチコンソールと読みます。

    SearchConsoleは「検索エンジン」に自分のサイトを表示させるために必要なツールです。

    ホームページの作成、記事の投稿、記事の更新をした際にSearchConsoleから「インデックス申請」を行うと

    Googleのロボットにサイトを登録してもらいやすくなります。

     

    インデックスするロボットをクローラーと呼びます。

    このクローラーは常に世界中のWEBサイトを探し検索エンジンのデータベースに登録する仕事しています。

    インデックス申請は「クローラーさん来て―!」と呼びかけるものなので、すぐさまサイトが検索エンジンに表示される

    という意味でもありません。あくまで「検索エンジンに登録されやすくする。というのが目的です。

    ただ、このインデックス申請を”するしない”では雲泥の差で、申請しないと何ヶ月も検索エンジンに載らないというのはザラです。

     

    Search Consoleの機能について

     

    インデックス登録のリクエストが送れる

     

    インデックス登録リクエストとは冒頭で説明したように

     

    検索エンジンに載せてもらうためにクローラーを呼び寄せる

     

    という意味合いになります。

     

    インデックス

     

    上記の状態は対象ページがGoogleの検索エンジンに載っていない事を示します。

    このままではGoogleやYahooなどで検索しているユーザーを呼ぶことはできません。

    つまり、実質的にサイトが公開されてないようなもの。(検索に引っかからない状態)

     

    インデックスされた

     

    そこで、インデックス登録をリクエストを行う必要がでてくるのです。

    登録リクエストを送るとクローラーが検索エンジンへ登録するために来てくれやすくなります。

    一瞬で登録されることもあれば、数日、数週間かかる場合もあります。

     

    このアクションは記事を更新した時にも行う必要があり、

    行わない場合、タイトル変更したのに検索結果上は変わっていない状態であったり、

    最終更新日が古いままだったりします。

     

     

    サイトの検索され方が分かる

     

    Googleアナリティクスは見に来た人がどれくらい滞在したか、どのページに集まっているかを確認できるものですが、

    SearchConsoleは見に来ていない人に対してどのように表示されたかを確認することができます。

     

    つまり、普段使うブラウザの検索結果画面で

     

    『自分のサイトが何回表示されたか?』

    『何回クリックされたか?』

    『どんな検索キーワードで表示されたのか?』

     

    を知ることができます。

    これを知っているのと知っていないとではSEO対策はもちろん

    自社サービスの見直しも行う機会を逃すので、サイトを持つ上で非常に重要な要素となります。

     

     

    上記は一例です。

    会社名が表示されるのは当たり前ですが、

     

    「ワードプレスホームページ 例」

     

    という検索結果でも弊社の記事が表示されていることが見て分かると思います。

    このようにユーザーが「検索したキーワード」と「表示回数」を見て、

     

    自社WEBページの需要がどこにあるのか?

    足りない情報はなにか?

     

    をすり合わせて更新していくことがSEO対策の1つになります。

     

    サイト内のエラーページも確認できる

     

    Search Consoleカバレッジ

     

    こんな感じの管理画面でエラーを確認することができます。

    すぐさま影響のあるエラーとして代表的なものは

     

    noindexタグが入っている

    モバイルフレンドリーになっていない

     

    といったもの。

    これらは早急に対応しないと検索結果に表示されなかったり、SEO的に良くないので改善する必要があります。

    Search Consoleでないと気づきづらいので非常に助かる機能です。

     

    ※除外はindexする必要のないページ(タグ一覧とか)を指していることがほとんど。

     ここでは説明を割愛します。

     

    キーワードに対して検索順位が分かる

     

    掲載順位

     

    表示回数カウントが取れてるキーワードに対してのみ、自社サイトの平均掲載順位を見ることができます。

    ただし、自社サイトの”どのページ”であるかは自身で把握しておく必要があります。

     

    まとめ

     

    サチコを使うにはXMLサイトマップが必要

     

    SearchConsoleの活用法についてはもっと細かく紹介したいところですが、

    今回はSearchConsoleの重要性

    「インデックス申請を活用しないと記事更新や投稿をしても検索エンジンに載らない場合がある」

    ことだけ抑えていただければと思います。

     

    さいごになりますが、このSearch Consoleを活用するにはXMLサイトマップというのが必要になります。

    XMLサイトマップの用意の仕方については別の記事で紹介したいと思います。